apiの運用・管理においてawsを使うメリットとは何か?

多くの企業などにおいて導入が進んでいるクラウドサービスの中で、もっとも大きなシェアを有しているのがawsです。その背景には、awsならではの強みが多数存在しているのですが、その詳細についてしっかり理解しているという人はそれほど多くはないのではないでしょうか。

そこで以下では、apiの運用・管理をawsを使って行う場合にフォーカスしてその強みを見ていくことにします。

awsの基本的なサービス内容とは?

awsの強みについて見ていく前に、まずはawsとはどういったサービスであるかについて簡単に見ておくことにしましょう。awsは複数のサービスに構成されており、その中でもっとも基本的なものがAmazon EC2です。

これは、開発者が簡単にWebスケールのクラウドコンピューティングを利用することができるように設計されているもので、awsの開発者はまずはEC2を使ってシステムを構築していくのが通常です。次に、データを格納するためのストレージ機能を提供するのがAmazon S3です。

その特徴は、容量に上限がないというスケーラビリティと、データの可用性、そして万全のセキュリティにあります。他社のクラウドサービスと比べても、コストが非常に安価であることから、システム費を抑えたいと考えている企業にとっては非常に魅力的なサービスです。

さらに、Amazon RDSは、クラウド上に設けられたリレーショナルデータベースをセットアップしたり、そのオペレーションやスケールなどを行うのをサポートしてくれるツールで、各種のデータベースエンジンから企業ごとに使い慣れているものを選択して利用できるため、非常に利便性が高くなっています。

これらのほかにも、awsには、メモリ内に設けられた高速のキャッシュを使って動作させることによって、webアプリケーションの性能を向上させることができる等ElastiCasheya,Amazon CloudFrontというWebサービスを用いて静的または動的なWebコンテンツを利用者に高速で配信することができるツール、さらには高速で柔軟性の高いNoSQLのデータベースサービスであるAmazon DynamoDBといった様々なサービスが設けられており、利用者はそれらの中から必要なものだけを選んで契約することができるのです。

awsを利用するメリットとは?

次に、awsを利用することによって得られるメリットについて見ておくことにします。メリットの一つ目は、なんといってもコストが圧倒的に安いということです。初期費用が一切かからないことから、特にシステムへの初期投資を抑えたい場合には、非常に有用なサービスです。

通常はシステムを構築するためには、ハードウェアやソフトウェアなどの一式を購入するために多額の投資が必要となりますが、これらが不要になるというのは多くの企業にとって大きな魅力であるに違いありません。第二に、awsは非常にフレキシブルなサービスとなっているため、利用するサーバーの台数やCPU、メモリ、ストレージのサイズや容量を自由に変更することができます。

また、データの処理量が増加する昼の間だけ使用するCPUなどの容量を増加させ、夜間は少なめにするといったアレンジにも対応してもらうことができるため、不要な容量を契約することでかかる余計なコストを回避することが可能です。

第三に、awsはバックアップサービスも万全です。具体的には2019年から登場したAWS Backupを利用することで、簡単にクラウド上のシステムのデータバックアップを行うことができるため、運用者としては安心して作業を行うことができるでしょう。

さらに、awsでは災害対策にも力を入れており、万が一災害が発生した場合でも短時間でシステムを復旧することができる体勢を整えています。自社でシステムを構築する場合のように、災害時に備えた大体のデータセンターやサーバーなどを用意しなくて済むというわけです。

awsとはどんなものか運用コストやその他の内容をわかりやすく解説

APIの運用と管理とは?

コンピューターの普及によって、様々なアプリケーションソフトウェアが開発され、公開されています。高度なシステムを構築するためには、複数のアプリケーションを組み合わせて連携して動作させる必要があるのですが、そのためには、それぞれのアプリケーションが円滑に接続できるようになっていなければなりません。

このソフトウェアの接続部分のことをAPI(Application Interface)と呼ぶのですが、プログラミング技術の高度化に伴って、APIは流行遅れになって使われなくなってしまわないように、その仕様は絶えず見直しを行う必要があるのです。

このようにAPIの見直しを随時行って、必要に応じて改良し、再度公開するプロセスをAPIの運用・管理と呼びます。一般的に、APIの開発や更新は、旧来のシステムのようにあらかじめ定められたプロセスを一つずつこなしていくというウォーターフォール型のシステム開発ではなく、アジャイルと呼ばれる必要なときに必要な作業を行うという形態で進められることが一般的です。

アジャイル型の開発を行う環境には、常に決まった処理能力が求められる訳ではなく、その時々で必要な処理能力が利用できれば十分であることから、そういったニーズに対応することができるawsの環境を利用するメリットが大きいのです。

Amazon API GatewayによるAPIの運用・管理の特徴について

このAPIの管理を行うにあたって、awsは非常に有用なサービスを提供しています。具体的にはAmazon API Gatewayというサービスで、その特徴は、APIの認証認可を内部APIの実装から分離することでAPIへのアクセス制御を実現していること、APIのユーザやクライアント、トークンの管理サービスと連携することができること、APIの流量を制御することによってバックエンドの内部APIの負荷を抑えるようにトラフィックをコントロールできること、効率的な支払いモデルが実装されていること、の4点に集約することができます。

このうち、一番最後の支払モデルについてですが、Amazon API Gatewayでは、APIの呼び出しやデータ量といった利用料に応じて費用が発生するシステムが採用されています。そのため、特にAPIを呼び出す必要がない場合には課金はされないことから、利用料を抑えるには非常に効果的なサービスであるということができるでしょう。

Amazon API Gatewayの強みとは

最後にamazon API Gatewayの強みについて見ておくことにしましょう。その最大の強みは、スロットリングと呼ばれるデータの流量を制御することができる機能が備わっていることによって、システム全体への負荷を抑えることができるという点にあります。

APIを経由して出入りするデータの容量がそのシステムの処理能力を超えてしまっては、せっかくのシステムの性能を最大限に活用することは難しくなりますので、それを処理可能な範囲に自動的に抑えてくれるamazon API Gatewayは非常に使い勝手のよいサービスなのです。